IT業界で働く魅力

日本国内ではIT業界の評判はあまり高いものとは言えないものであります。ですので就活をしている学生からも3Kや7Kなどと言われて敬遠されがちではありますが、一方で「若いうちから責任のある仕事が出来る」「自分のスキルを磨くことが出来る」「海外で働くチャンスがある」などと、既存の業界より若者にチャンスがあり開かれた業界であるという認識もあるようです。このイメージはまさにIT業界で働くことの魅力点としてあげることが出来る部分であると思います。

IT技術は日本の発展に欠かすことの出来ない技術であるので、それを担うという意識を持ちながら仕事が出来ればさらに充実感に満ちて働くことが出来ると思います。特にエンジニアなどの技術職につけば、自分のスキルを磨いて仕事に生かすことだったり、何か一つのこと、ものを作り上げることでやりがいや達成感が得られて、魅力的です。

また、海外で働くことは仕事上でのスキルも自分の人生においても絶対に無駄にならない経験になると思うので、海外で働く気がなくても機会があるのならやっておいたほうがいいと思います。

もちろん、業界内での流行り廃りがとても速いスピードで動くので自分が得たスキルがあっという間に使い物にならなくなる、といったことや、仕事の拘束時間がどうしても長くなるのでその点で苦労することもあると思いますが、それでもこのIT業界で働くことの魅力ややりがいはたくさんあります。まずは挑戦してみてもいい分野だと思います。そのためにも、どんな仕事内容なのかを調べ、その分野で働くための資格をとってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です