情報処理の資格は有効なものです。

ITの総合情報として、個人情報保護法が施行されて以降、企業や公共団体などにおける個人情報の管理が繊細な課題となってきています。この法の立案にも関わった人が、海外とは異なる日本の個人情報に対する意識がさまざまな問題を生んでいると指摘しています。

東京都情報公開・個人情報保護審議会は研究を初めて政策や法規制などの立案、提言などに取り組んでいます。

IT部門としてはこの流れをどう受け止めるべきかを考える必要があります。

サーバ、ストレージ、ネットワークから仮想環境、ミドルウェアまでを統合して容易なシステム管理、運用を実現する統合プラットフォーム製品もあります。

システムのライフサイクルのステージに応じた、UCPの適用ケースも現れています。

UCPが提供する標準テンプレートの活用によって、システム構築の自動化を支援されます。

ITが企業に必須になってから10年以上がたちました。いまでこそ、ITという言葉に右往左往されている企業は少なくなりましたが、中小企業では安価になって増えつづけるパソコンの台数の代わりに、対応できるITのプロフェッショナルが少ないのが現状でもあります。

フリーのEXCELプロジェクト管理表も活用できます。レイアウトのみで自由に使えるものから、マクロを駆使したデータ入力だけで簡単に使えるものまでが出ています。

SEは不況に強いので、国家資格を取得することが安心への近道でもあります。スキルを証明する資格はたくさんあるので、一度確認してみましょう。
気になる方は、システムエンジニアに聞く!お仕事内容マップを見てみましょう。実際のSEが書いているサイトなので、技術関係から対人関係までリアルなSE事情を網羅していますよ。

昨今は、パソコンだけでなくいろいろなネットワークがあるのでネットワークエンジニアは有効な資格になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です